ろ過器の種類と使われ方

ろ過器には色々な種類がありますが、一般的にはろ過布などを設置し上から液体を流し込み下からろ過された液体が下から出てくる方法です。
これは、中学や高校の理科の実験でよく行う方法です。

ろ過器のことならお任せください。

しかし工業的にろ過をする場合には、液体を入れる側から加圧する方法や、ろ過された液体が出てくる側から吸引(減圧)する方法などがあります。


工業的にろ過器を使用する場合には効率が重要です。

そのため、加圧や減圧することで、ろ過速度を速くする方法があります。
また、液体に含まれる極微細なものをろ過する場合には、微細な穴の開いた繊維で中空糸を使う方法などがあります。

この方法ですと、数ミクロン以下のものでもろ過することが可能で、一般の家庭用浄水器などにも利用されています。

また、液体などに含まれる粒子には重さが存在します。


その重さを利用した遠心分離によるろ過器などもあります。
さらに粒子が細かいものをろ過する場合に用いられるのがRO装置です。



これは、逆浸透膜を利用したろ過器になります。

この方法を使うと、海水から純水(真水)を作り出すことが可能になります。

微細な孔があいた浸透膜に対して、濃度の濃い液体と薄い液体を浸透膜を隔てて分離すると、濃度の薄い液体の溶媒(水などの液体の主となるもの)が濃いい液体側移動します。
これは自然に起きる現象ですが、圧力を加えてこの溶媒の流れを逆にしたものが逆浸透膜方法のROろ過といいます。

このろ過では、水の中に溶け込んだ塩化ナトリウムなどのイオン化された極めて小さい物質でもろ過することが可能です。