ろ過器できれいな水を造る

ろ過器には、砂ろ過器やフィルター式などがあり、大量に浄水でき、他と比べて安い機器です。


川・池・井戸・工業用などの水を通水して飲料水にしたり、風呂の浄化も可能です。

待望のろ過器の有益な情報をお届けします。

例えば、大量水を使う工場担当者からは、工業用水から飲料水を造って水道代を低減でき、社員風呂や大食堂・洗浄ラインにも給水配分できたと喜ばれています。
ボイラーや洗濯水・クリーニングの場合は、軟水が必要なので、軟水器を設置して水質を向上させ生産性を高めます。

また浴場関係だと、大浴場のお湯をろ過して、水道補給と追い炊き燃料費を節約できます。


プールの場合は、大プールの水をろ過して、水道補給の低減と汚濁・衛生面を両立できる優れものです。

旅館だと、より良質の水を造るために導入するなど、あらゆる職種で使い道は様々です。
食品工場を例にすると、ろ過器で、1日100t生産可能で、20L缶で5000缶分に相当します。



井戸水83L/分を水道水・軟水・純水にろ過し、貯水と送水します。一式約1800万円です。
化学工場の砂ろ過器は、参考価格が480万円相当で、製鉄所の場合は、1200万円相当になり、発電所などでも使われます。

家庭用ろ過器は、約49万円の全手動式で、鉄、マンガンを取り除きます。



カートリッジ式だと、原子力研究所で28万円×10式が利用されたり、製紙会社だと、一式・210〜250万円が利用され、市販の糸巻フィルターや活性炭カートリッジを装入します。